私の道具
 
 電気ドリル                      
     

        
                         騒音 6畳中央で1m離れて測定
13mm用
  570W 1100rpm         騒音 91db 
            
  使用感  やかましいけれどたいていの先端工具が使える
        力が強いので径8mm以上の金属穴明けは片手保持では
        危ない。


10mm用  正逆回転可
  350W 0〜2600rpm       騒音 88db 最高回転時
                                 78db 1100rpm
                                 70db  600rpm
                                 68db  300rpm
                                 64db  200rpm
  使用感 回転数を落とせばと結構静かに使える。
        引き金スイッチの引き加減をロックして回転数を適当に固
        定できてこれは便利。


10mm用  正逆回転可 (30分充電)
  12V  低速45〜300rpm      騒音 80db  最高回転時   
                             76db  200rpm
       高速165〜1100rpm    騒音  82db  最高回転時
                                  70db  300rpm
  使用感 コードの無い分小回りが効いてチョイ役に便利
       忘れた頃肝心な時にバッテリー切れ(役立たずめ〜)
       ま、30分充電は結構早いので許せる範囲

                    下記の卓上ボール盤
                         騒音 61db 2250rpm
                                   53db 300rpm

  いつのまにか1台ではすまなくなりました。(通算で6台)
 両頭グラインダー
      
   左はGC(超硬合金用)、右はA(鋼用)  
   砥石 S46       
砥 石 径    150mm                                               
モーター出力   200W
回 転 数    3600rpm
重   量    16Kg


最近は種類も豊富で軽く小型になってホームセンター等で安く手に入り
ますがこれは古くても力があり頑丈で静かまだまだ使えます。                   
                       
 

最大加工能力    公称13mm(18mmでも可)
モーター出力       200W
回転数6段実測    2250 1530 1035 700 460 300rpm
振  り         360mm
ドリル最大送り    80mm
角テーブル      250*250mm
チヤック先端から角テーブル上面まで   290mm
チャック先端からベース上面までの距離 450mm
高  さ        890mm
重  量        66kg


元は3段変速を6段に改造(上の写真、Vベルト、プーリーはA列をMに)。
モーターと主軸の間にテンションプーリーを入れて、変速の際モーターの
アンクランプ・モーター移動・クランプの一連動作を無くしました、テンショ
ンプーリーは常時スプリング力でベルトを押しています。

卓上ボール盤は電気ドリルに比べて垂直が出る、力が少しですむ、加工
が早い、寸法が揃う、音が静かとメリットが多くこれがあると工作の範囲
がぐっと広がります。(格安品の中には粗悪品がありそう、注意) 








リーマやタッパーを使うにはやや回転が速いのでモーターを横に出し変
速数を増やしました
モーター側にはテンションプーリーは有りません1段目なので少し緩め
でもOKでした。

回転数12段
  高速側 3280 2220 1500 1000 650 425
  低速側 1200  810  550  365 238 155
 







リーマ・タッパー使いやすくなりました、特にタッパーは500回転でも仕様
の上では可能ですが体感的についていけませんでした。

ドリルでビビつく時は1ランク遅くすることで加工しやすくなり騒音も抑え
られます。
 卓上ボール盤
S50
S46
 改造2                   H18

                        

元のモーターがあった場所です
リーマ加工に適するように低速部を追加しました、回転数は110rpm
(8mm位)と72rpm(10mm〜)です。





徐々に追加していきます。
                         
プラウザの戻るでお戻りください