小型旋盤
仕 様
 ベッド上の振り   200mm 後に改造400mm
 往復台上の振り  110mm
 主軸回転数     57,114,171,518 4段
 自動送り       0.15mm/rpm
 モーター出力    200W
 重 量        58KG

この旋盤は小さく構造も簡単、鋼加工を目的に作りま した。

芯押し台なしねじ切りも出来ませんが旋削、フライス削りが
 出来るとかなりの加工が可能となります。

後々の機械づくりの基になった旋盤です。
お役ご免後は工具研削盤に転用しました。
製作風景
S46頃
@写真が不鮮明ですがベッド上面をキサゲしています。
 鋳鉄と違って鉄板は突きにくいです。

Aベッドとサドルと横送り台の摺り合せが終わ
 った状態。溶接機が無いので鉄板を全てボル
 トで結合しています。

B全長600mm(ベッド部450mm) 摺働面幅100mm
  複式刃物台タレット部は60mm角、送りねじはM10、  
 横送りねじは M12寸切り、バイトクランプボルトM8
  バイトはL状に2本しかつけられません。

C20歳、金切鋸や鑢のせいで豆だらけ(左きき)


D主軸変速部プーリーはモーター側アルミ他はラワン
 や杉板、VベルトA列。

Eとりあえずそこそこの格好になりました
 軸受けはピローブロックです
 主軸は1、1/4の寸切り、まだ自動送りは付いていません

Fフラットをサイズアップ、長手方向自動送りも付けましたM16寸切りです。
 主軸(右写真)旋盤加工は町工場に依頼して加工してもらいました。
  当時材料持込で3500円、私の基本給は35000円位、精度はいまいちでした。
  

 小型旋盤での加工を紹介します(不鮮明な部分はご容赦下さい)



金切弓鋸盤のバイス口金をフライス加工
ハイスD35・2枚刃自作カッター使用
横送り台にイケ-ルを段取りしてワークをセットしています



            ボルト締め構造 後に溶接で補強
                この旋盤で加工した150*100*100mmイケ-ル
                              



部品の端面加工






横フライス旋盤用複式刃物台のタレット外周加工(80mm角)
上記のカッター使用、タレットの材質はSCM3
旋削で予めバイト取り付け部を荒取りしています
中古のD150・4爪単動チャックを購入。

複式刃物台のあり溝加工
専用のカッターが無いので自作ボーリングバーに60度に成形した一本
バイトを取り付けての加工。
刃幅が6mmなのでバイト位置をずらしてつぎつぎで加工しています。
最後はキサゲ摺り合わせ仕上げです。
完成
 
 
横フライス旋盤加工用に主軸芯高を100mmかさ上げしタレットの代わりに
250*200mmのテーブルを付けました。
完成した複式刃物台は横送り台上に乗っています。
横送り台よりも上のほうが大きくて頭でっかちになっています。





横フライス旋盤の横送り台(横フライステーブル兼用)の外周加工
材質はSS41









ケガキに沿って端面加工









あり溝部荒加工


自作千鳥6枚刃T−スロットカッター(シャンク部D20 SK材)

上面T溝部加工用
主軸台(頭)上下送りねじバカ穴加工
溶接機を購入、シャコ万力は自作


S53年
主軸台の前主軸ベアリングケースはめあい穴加工。
重量オーバーは町工場なみ(ワークの方が重い?)
SS41















後部主軸ベアリングケースはめあい穴加工






主軸の旋削加工
いまいち主軸にしては上出来
材質SCM3

             

プラウザの戻るでお戻りください